たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2014年04月20日

調布ピクニック 5月3日開催!

アンジェDEマルシェ手ぶらでいこう!
CHOFU PICNIC
~調布ピクニック~
 5月3日に開催!

京王多摩川駅0分の京王フローラガーデン「アンジェ」は、
今、さまざまな花の見ごろを迎えています。

そんな花につつまれて、第2回目のマルシェ
「調布ピクニック」を開催します。
マルシェとはフランスの朝市のこと。
「調布ピクニック」には、地元の農家さんの朝獲れ野菜や、
ニワコヤさん、ウエアハウスガーデンさんなどの調布市内の
飲食店やキリントンさん、ジョインファクトリーなどの雑貨店、
さらにはパン屋さん、調布アイランド、ホッピービバレッジさん
などにも出店いただきます。

開始は朝10時から16時まで。となりでは、
日本・スイス国交樹立150周年を記念する、
「スイスフェア」も開催。アルプホルンのコンサートや体験か、
スイスソーセージなどの販売もあります。
5月3日は、緑に囲まれて「アンジェ」で
楽しいひとときをお楽しみください。



  


  • Posted by クラフ調布 at 09:25Comments(0)

    2014年03月27日

    第1回調布ピクニックの出店社リスト

    第1回
    アンジェDEマルシェ
    手ぶらでこう!
    「調布ピクニック」の
    17出店者リスト


    第1回アンジェDEマルシェ
    手ぶらでこう!「調布ピクニック」の
    出店者が決まりました。
    ここに協力してくれた団体・企業などを
    ご紹介します。


    ●農産物ブース
     深大寺 「三ツ木の農園」さん

    ●農産物&物販ブース
     調布銀座 木島平アンテナショップ「新鮮屋」さん

    ●飲食ブース 
     仙川   「niwa-coya(ニワコヤ)」さん
     仙川   「八百屋食堂 ゆめ」さん
     柴崎   「ウェアハウスガーデン」さん
     小島町 「ふぁんふぁーれ(妖怪焼きカー)」さん 
     多摩川 「カフェ大好き」さん
     多摩川 「風舎」さん
     武蔵野市 「BBQヴィレッジ」さん      

    ●物販ブース 小島    「ラスター食糧㈱」さん
     調布&伊豆諸島 「調布アイランド」さん
     緑が丘 ベーカリー「プロティア」さん
     菊野台 ベーカリー「コンチェルト」さん
     柴崎   「カフェ・エアー」さん
     つつじヶ丘 「MNH(エム・エヌ・エイチ)」さん
     横浜  防水布バック&ステンシル「ウィット・ワーク」さん
     国領  革製バック&シルバー「宝島」さん
     小島町 「ラスター食糧」さん

    調布のまちおこしに協力してくれた団体・企業さま、
    ありがとうございます。
    また、ブログをご覧のみなさま、応援いただきました、
    団体・企業さまをよろしくお願い致します。
      


  • 2014年03月09日

    調布初マルシェ、3月30日に登場!

    調布初マルシェ、
    調布ピクニックの
    チラシが完成!


    アンジェDEマルシェ
    手ぶらでいこう! 

    調布ピクニック

    のチラシが完成しました。6日から配布がはじまっています。
    かわいいでしょ。こんなイメージのマルシェをアンジェで
    開催していきます。

    また、フェイスブックページもできあがりました。
    ぜひ3月30日にアンジェにいらしてください。


    https://www.facebook.com/home.php#!/chofu.picnic


      


  • 2014年03月05日

    調布発マルシェを3月30日に開催!

    アンジェDEマルシェ
    手ぶらでいこう!
    CHOFU PICKNIC


    3月30日の第1回「調布ピクニック」は、
    アンジェの無料感謝祭と併催で開催します。
    第1回目は15店の出店からスタートします。

    野菜はこの時期はちょうど端境期といって
    野菜の少ない時期で、しかもこの前の2度の大雪で、
    量の心配もあるのですが、我らが地元、
    「三ツ木農園」さんに協力いただき、大きなテント持参で
    出店していただけることが来ました!

    今後地元の野菜や果物、オーガニックや西洋野菜を
    どんどん増やしていく予定です。調布市の農家さま、
    新参ものではありますが、ぜひよろしくお願いします。
    協力いただける農家さまガお知り合いの人がいたら
    ぜひご紹介ください。

    また、調布市内の飲食店6店に出店いただき、
    さまざまな食事も提供します。

    さらには、市内のパン屋3店、雑貨など物販5社にも
    出店していただきます。バッグなどの雑貨もあり。
    間もなくフェイスブックページが立ち上がり、
    出店社(団体)を紹介していきます。

    (写真は昨年に首都大学で行ったマルシェ)

    調布の飲食店や物販店、農家にこだわった
    地元初のマルシェの誕生です!
      


  • 2014年02月28日

    調布ピクニックを3月30日に開催!

    3月からアンジェで
    はじまるマルシェの
    名前が決定!
    アンジェDEマルシェ
    CHOFU PICNIC


    「ClafChofu(和名/クラフ調布)」がj京王多摩川駅に
    ある京王フローラガーデンで行うマルシェの名前が
    決まりました。


    アンジェDEマルシェ
    手ぶらでいこう! 「調布ピクニック」
    です。
    コンセプトは、アンジャの美しいナチュラルなロケーションを楽しむ
    「ピクニック」。間もなくからいいロゴもできあがります。

    イメージは通常のマルシェと違い、入場制限のかかった園内で
    食事をして、雑貨を買って、家族やカップルが芝生の上でくつろぎ、
    イベントなどを楽しんで、地元野菜など新鮮な食材も
    買っていただき、3時間ぐらい滞在してもらうマルシェです。

    遠方にいかなくても電車できて、気軽に手ぶらでピクニックができる
    マルシェ。電車できていただければお父さんはおいしい料理とともに
    お酒も飲めます。

    これから時間をかけて成長させていただきますが、準備が整えば、
    お母さんもワークショップを楽しめたり、子どもたちも遊べる
    ワークショップも充実させていきたいと思います。

    第1回の開催日の3月30日(日)はアンジェの無料開放デーで
    無料なのですが、通常は大人500円、子ども100円がかかります。

    そこでキャッチフレーズは、遠くに行かなくても近くで気軽に
    家族4人で1200円で楽しめる遊園地のような滞在型マルシェ。
    名付けて、
    アンジェDEマルシェ
    手ぶらでいこう! CHOFU PICNIC


    現在、続々と出店してくだる市内のお店が増えています。
    間もなくフェイスブックページも立ち上がり、
    出店してくれる店の告知もはじまります。

    3月30日はプレマルシェ。5月から本格始動する予定です。
    調布ピックニック」は調布のまちおこしのためだと思って
    企画しました。
    市内の飲食店のみなさま、雑貨店を経営されている方々、
    企業経営者のみなさま、何とぞ、出店をお願いします。

    この純利益は調布の「農のある風景」を残す取り組みに
    使わせていただきたいと思っています。
         


  • 2014年02月14日

    Claf Chofuが誕生!

    調布の「農」と
    「食」と「人」をつなぎ
    調布を豊かで
    楽しいまちにします!



    都市農業の先端のようなところで、
    農業を基盤としたまちおこしをするこが
    難しいことはわかっています。

    しかし、まだ残る調布市の畑や田んぼや
    雑木林、里山などの「農」のある風景や、
    そこから得られる恩恵、さらには農家さんが
    そこから生み出す農産物は、やはり
    調布での「食」や「人」の暮らしや営みといった
    ことから考えると、調布の数少ない
    大きな資源のひとつとも言えます。

    そんな、
    「農}(農家・農地・農産物)と、
    「人」(市民・商工者・市外者)を
    「食」(飲食・流通・加工)や「体験」や
    「教育」「催事」「観光」「ふれあい」などの
    キーワードでつなげ、「農」と「食」によって
    調布のまちを元気にしようというのが
    この団体の目的です。

    ミッションは、

    1、「農」のある環境の価値
      の再確認と推進
    2、「農」と「人」の連携による「地元農産物」
      の価値再認識と推進
    3、「農」のある「調布」の価値
      の再確認と推進


    事業としては、
    長いスパンの時間をかけながら

    ①農と人をつなぐマルシェ事業
    ②市民農園など体験の場の創出
    ③食と農に関するワークショップの開催
    ④未活用農産物の有効活用事業
    ⑤「農」を活用したセラピー事業
    ⑥農家を楽しむ農カフェの創出
    ⑦名産品などの開発
    ⑧「農」を活用した観光事業

    などを展開していこうと思っています。
    現在、すでに①と②の事業の
    着手準備を進めています。


    (写真は定期的なマルシェの開催会場になる京王アンジェ)
    我々の活動が、調布の残り少なくなった
    「農」のある風景を残す
    一助になればいいなと思っています。
    ぜひ応援してください。
      


  • Posted by クラフ調布 at 19:18Comments(2)Claf Choufuの目指すもの

    2014年02月11日

    「農」と「食」と「人」をつなぐ「Claf Chofu」

    調布の「農」と
    「食」と「人」をつなぐ
    「Claf Chofu」が誕生!

    (2013年11月に首都大学で開催したマルシェ)

    調布で「地域課題解決」に「コミュニティビジネス」という
    手法で取り組み、調布のまちづくりに取り組んでいる、
    「調布アットホーム」から新しいワーキンググループが
    誕生しました。その名は「Claf Chofu」。

    Cは「CHOFU=調布」、
    Lは「LOCAL=ローカル=地元」、
    Aは「AGRI=アグリ=農」、
    Fは「FOOS=フーズ=食」の頭文字。
    「農」と「食」と「人」をつなぐことによって、調布のまちを
    豊かで楽しく元気なまちにしようという取り組みです。


    (会議中にスタッフが描いたラフスケッチ)

    その第一弾事業として、京王多摩川駅前にある、
    京王電鉄の「京王フローラガーデン アンジェ」と提携して、
    定期的な「マルシェ」を開催することが決まりました!

    初日は3月30日(月)10時~。当日はアンジェの無料の
    感謝祭りの日。名物のマグノリアの咲き誇るなかで、
    野菜やグルメ、パン、雑貨などのお店が並ぶ
    マルシェを開きます。

    野菜の端境期以外は、定期的に開催していきます。
    「調布」や「多摩」の「野菜」や「食」、「食材」が楽しめる、
    「マルシェ」にどうぞお越しください。
      


  • Posted by クラフ調布 at 12:43Comments(0)クラフちょうふとは